担任と合わなくてツライ

朝起きることが大仕事の起立性調節障害の娘ちゃん。
母親なのに小5の娘ちゃんのことを起こすこともなくなってしまったこの頃。
6時半に起きていたのはいつだっただろう?と、もう記憶をさかのぼることも出来ない(;´・ω・)

毎日、7時に声をかけているのだけど、起きることはない。
その後わたしの出勤前の8時にも声をかけて、ちょっと会話をして会社に行く。

しかし今朝はなんと!
8時に部屋に行ったら少し目を開けているではないか。
そして「今日の給食は栗ご飯だから、また給食の時間には行けるといいね」と話す。
すると珍しくトイレに行くと言って起き上がる😊
そしてそのまま寝ることもなくイスに座り、もう起きる体勢になっている。
こんなことは初めてなので「朝ごはん持ってくるね」と急いで持ってきた。
だるいみたいだけど、もう寝る様子もない。
髪を結ぶのも大変だと言っているので、今日は久しぶりに結んであげることも出来た。
いつもは洗面所で自分で結んでいるみたいだけど、だるい時にはしんどいらしい。

朝からそのような様子だったので、今日は登校出来ると思っていたのだけど…。
お昼が近づいても「昨日よりだるい」とか「午後から行っていい?」と弱気なメールが来る。
そして「休みたい、明日はぜったいに行くから!」と行かない方向になってきた。
勝手に期待していただけに、残念な気持ちになってしまった。

帰宅後、今日は絵を描いたと言い見せてくれた。
それが今日の画像の絵。
傷つく言葉を友達から言われて、心にナイフが刺さっている女の子。
こんな絵を描くなんて、心配になり「なにかあった?」と聞いても大丈夫だと言う。
昨年、ちょっとこれに似ている出来事があった。
本人はその時のことを思い出して描いてみたそうだ。

色々と話していると、最近は友達になにか言われたことはないけれど、担任の先生の態度に傷つくことがあったようで。
それは起立性調節障害になる前の話。
今年はコロナで、4月・5月が休校、6月は分散登校。
そして7月から一斉登校となった。
娘ちゃんが起立になったのは7月半ば。
5年生のクラスとしてスタートしたばかりの頃、こんなことを言っていた。

「担任の〇〇先生、無視することあるんだよね」と。

その話を、同じクラスの友達にも話したら「そうだよねー」と言っていたみたいで。

具体的な話を聞いてみると、例えば娘ちゃんが何か忘れ物をした日。
先生に「次からは持ってきます」と謝って報告をしたことがあったとのこと。

その日、他に配布するものを一人一人もらいに行くときに「ありがとうございます」と言うと「はい」とみんなに言うのに対して、娘ちゃんには何も返事をしないとか。
機嫌によってそうなのか、忘れ物をしていない日にも「はい」と言わず他の子に話しかけたりして返事をしないこともあったそうで。

そういうの、気にならない子は何とも思わないことなのかも知れないけど、友達も同じように思っていたようなので特別敏感とかではないと思ってしまう。

今までどの先生からも無視をされたことはなかったので、「何か地雷を踏んだのかな?」とずっと思っていたんだって。
大人から見ても、担任の先生は「笑わない先生」という印象。
クールというか、真面目というか。

些細な事と思って、この件に関してはわざわざ親に言うことでもないと思っていたのかも知れない。
かなり後になってから聞いた。
でも時系列を追っていくと、7月に入ってからの出来事。
起立性調節障害になったのはその2週間後くらいなので、原因の一つなのでは?と思ってしまう。
後付けかも知れないけど。起立の原因なんてはっきりわからないからね。

昨日給食前に登校したら、担任の先生が空き時間だったようで1対1で国語をやったんだって。
いつもは別室登校で対応してくれる優しい先生が対応してくれるから気が楽なのだけど、昨日は気が重かったと言っていた。
今日も、もし担任の先生の空き時間で2人きりで授業をしたら…と思ったら登校出来なかった、と正直に話してくれた。
そっか、そうなんだよね。苦手なんだよね。
だるいと表現するのも、本当に体がだるい場合と気持ち的に負けてしまって体に出る場合があるのだと思う。

もしもの話で娘ちゃんが「もし〇〇先生(優しい先生)が担任だったら、先生のためにも頑張ろうと思って登校してると思う」と言ってた。
相性もあると思うけど、娘ちゃんにとって体育会系の先生はちょっと合わないんだと思う。
明日の時間割を見ると、給食前は担任の先生の空き時間。
また二人きりの授業になる可能性が高い。
それなので明日は行けたとしても、保健室で自習しますと自分で言うと言ってた。

張り切って明日の用意をしていたので、きっと登校出来ると思っている。

担任と合わないの、ツライなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください