【起立性調節障害】在宅勤務と家にいる娘との葛藤

トップ画像のイラストは例ですが、気持ち的にはこれに近い??

起立性調節障害の小5の娘ちゃんは、色々と良くなるように心がけているけれど一向に良くならない。
学校のある平日の朝は、どんより顔で体調のせいで不機嫌全開。

わたしは先月から週の半分、在宅勤務になった。
顔を合わせる時間が多くなるほど、親のわたしにとっては精神的にツラいことが増えたと思う。

朝起きられないことは解決したけれど、そこから先、登校するまでの時間が長い。
「〇時に行く」と言うけれどその時間になると「やっぱ〇時に行く」と言い、いつまでたっても登校しない娘を見ているのはイライラするんだよね…。
在宅勤務中、一人ならお昼ご飯なんて適当にパパっと作ったりして済ませたい。
しかし娘ちゃんがまだ家にいるとなると、二人分用意しなければならなくて。
その日にならないと、お昼の用意をするかしないかわからないから困ってしまうんだよね。
昼休みは45分しかないので、一緒にゆっくりランチ♪なんて気分は全くない。
それよりも一人でゆっくり休憩したいと思う。
だから気分的に無理な時は同居の母にかんたんなものを用意してもらうこともある。
果たして今日はどっちなのだろうか。

子どもが朝から通常通りに登校して、午後~夕方に帰宅するなら在宅勤務も集中出来ていいなと思う。
しかし今のこの生活だと、ずーっと子どもの動向を気にしながら。
時折、わたしのところへ来てだるいアピールをしてくれたりw
集中して仕事をする環境ではないなぁと、念願の在宅勤務もモヤモヤ。

では、仕事してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください