【起立性調節障害】新学年は良いスタート!環境次第で気持ちも変わる

起立性調節障害の娘、6年生に進級。

担任がどんな先生なのか心配だったけれど、明るく面白い女性教諭だった。
昨日、始業式。
6年生になったこともあって、今日も朝はつらいけれど行きたい気持ちだけで登校した。
新1年生に色々教えるために、少し早く行ったよ。
朝は食欲もなくギリギリだけど、苦手なプロテインはきちんと飲んで、8時前に家を出て行った。

行間休みも、昨年はみんなそれぞれやることがあったりして教室にいない友達が多かったけど
今日は仲良しの女子が数人、娘ちゃんの席の周りに集まってきたって。
ぼっちだった休み時間と打って変わり、みんなと話せて楽しかったみたい。

当然のように、明日も朝から行く準備。
環境が変わるってすごいね。
明るい先生や新しいクラスメイトが、モチベーションを上げてくれている気がする。

まだ始まったばかりだけど、幸先の良いスタートだなぁーって思ってるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください