【起立性調節障害】鍼治療の効果を信じている

起立性調節障害の小6の娘ちゃん、放課後登校実施中。

先週は月~木まで行かれた。金曜日は家でお昼ご飯を食べる頃から動悸がしてしまい、休んでしまった。
いつもいる先生が不在って知ってたから、緊張したのかなぁ…原因不明。
でも4日間登校出来て良かった。

5月も今日で終わり。月曜日。
だるいのと立ちくらみで、行かれなかった。
メンタルが原因ではなく行きたいのに体がツラくて行かれない日だったみたい。

色々試行錯誤していて、親としては何かしら効果を発揮して欲しいと思ってしまう。
鍼治療も続けているけど、劇的に効果が現れるタイプではないみたい。
1回の治療費も結構するし、いつまで通えばいいのか…。
こういうものは、続けていくことに意味があり、今通っているところでも3ヵ月1クールでと最初に説明されている。
今はちょうど1ヵ月経った頃。
たしかに変化はあったと思う!
だるさの軽減する時間帯が、前までは寝る1時間前になってやっと元気になっていたのに、今は15時半頃には元気になっている。

放課後登校は14時からが多いけど、なんとか通えているのは回復が早くなったからかな?と思う。
娘ちゃん本人も、数回通う内に施術してくれる先生のことを信用している風にも思う。
鍼とか整体とか、子どもだから初めはよくわからなかったみたいだけど、今は気持ちいいと言うようになった。
鍼って言うよりか、最初の10分くらいやる整体のマッサージが良いみたい。
施術しているベッドの近くにわたしもいて、座って待っているのだけど見ているだけで気持ちよさそう。
頑張って通っていることを実感している分、最終的には行って良かったと思いたい。
夏頃には回復しているといいなぁ。

明日は放課後登校、なんとか行けますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください