【起立性調節障害】微熱とだるさで休んだ

起立性調節障害の小6の娘。
始業式が始まってから4日間朝から登校出来ていたけれど、今日は休んでしまった。

いつもと同じ時間に起きて白湯を飲んで、朝ごはん。
ここまでは昨日と同じだった。
でも、その後の体調が良くなかった。
毎朝体温を測らなければならないので測ってみると37.6度。
おでこを触ると、そこまで高くなさそうな気がした。
時間を置いてもう一度測ると、36.9度。
さっきの体温は何だったのかな。
いつもこれくらいの体温なので、熱はなさそう。
でも、すごくツラそうな顔をしている。
やっぱりいつもよりも微熱っぽいのかも?体を触ると、少し熱い。
でもなぁ、平熱と言えば平熱。
しかし、支度をしている姿も怠そうで、半泣き状態😢

今日わたしは出勤日。
家を出る時間ギリギリまで「学校行く?行かない?」と聞いていたけれど「行けない」とのことで休んだ。

夏休み明け、いきなり朝から行くようになって疲れがどっと出たのかな。
気圧の影響もあるのかも知れない。
色々な要素が重なってしまったのだと思う。

昨日まで登校出来ていた分、正直とても残念な気持ちになった💦
それは娘だって同じだと思うけどさ。
このまま順調に行くと思っていたから、また行かれなくなってしまうのでは?と考えると暗くなる。

通勤途中、ずっとそのことを考えていた。

お昼に電話をしてみたら、まあまあ元気になってきたと言っていた。
夜、帰宅する頃には回復して元気いっぱいだった!

振り返ると、前と比べて回復する時間が早くなったなぁと思う。
今までは体調の波が一日の中でもあったけれど、今は午後には安定して良くなっている。
少しずつ前進している。
焦らずだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください