【起立性調節障害】体調良い日、給食食べて帰ってきた

起立性調節障害の小6の娘。
今日は朝から体調が良く、寒気も微熱もなし。
体温36.4度。いつも高めなのに珍しく普通な感じ。
それでいて機嫌も良く、怠くなさそう。
じいちゃんに送ってもらって登校。

9月から分散登校が始まった。
おとといは休んでしまったので、初・分散登校。
彼女的には、大勢よりも半分の人数の方が気楽みたい。

そのことにはちょっと理由があって。

学校好きなはずなのにちょっと行きにくい…と昨日そんなニュアンスなことを言っていた。
小4の後半にグループ内であらぬ誤解から仲間外れにされたことがあった。

もしかしたらそのことでちょっと学校が苦手なのかも?なんて言うから、その時のことを思い出して苦しくなる。
もう2年前のことだけど、普通に行ってた4年生の時の出来事。
それからすぐ、小5のコロナ休校明けに起立性調節障害になってしまった。

そして今、また登校出来るようになって思い出したのかも。
せっかく体調が良くなったのにな。
気持ち的に、その時のことを思い出してそれがストレスになっているのなら、何とかして良い方向にすくい上げてあげたい。

娘本人も、スクールカウンセラーさんに相談してみたいと言っていた。
今度来るときに相談してみるといいかもね。

久し振りに給食を食べて帰ってきた。
ちょっと緊張するみたいで、別室で食べたって。
分散登校中は、おかず無しのかんたんな給食。

そして帰りは仲の良い友達数人と話しながら帰ってきたって。

何も心配することのない一日だった。
わたしも幸せ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください