【起立性調節障害】なんと、月曜日なのに朝~6時間目までいられた

起立性調節障害を発症して1年3ヵ月目の小6の我が娘。

月曜日はみんなそうだと思うけど、社会人だってツライ朝。
体調があまり良くない小学生にとって、月曜日はつらすぎるのだ。

なんとか起きたけど、着替えは後回し。
今朝は胃が痛いって。
朝は食欲がなくて、小さいパンとみかんを1つ食べるのがやっと。
飲み物は白湯。
栄養的に足りなそうだけど、起きただけでもすごいと思うんだ。

じいちゃんに送ってもらい、朝から登校。保健室へ。
1時間目は運動会の練習、見学してたって。
あとは教室で午前中ずっと過ごしたと言っていた。
怠くてツラクて、早退しようと思ったけど頑張ったって。

給食は別室で。
お昼休みにSCさんとやっと話せたんだって。
相談したいことがあって、予約していたんだ。
詳しい内容は聞かなかったけど、少しすっきりしたようだ。

午後は怠くて疲れてしまって保健室からリモートで授業。
6時間目までいたのはいつ以来だろう。

色々な刺激を受けて、色々な友達とも話して楽しかったみたい。
わたしが夜、仕事から帰ってきた時も疲れてはいたけれど、明るい表情をしていた。

夜はお腹の痛みもなく、体調的には疲れてるって感じ。
くたくたになって、少し早く寝た。

明日も同じように行けるかな。
今日みたいな日になるといいなと期待してしまうんだよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください