【起立性調節障害】朝から夜まで体調悪すぎた1日

起立性調節障害を発症してから1年3ヵ月経過の小6の娘。

2学期からだんだん朝から行かれるようになり、出席日数も増えてきた。
よく知らなかったのだけど、朝から登校すれば早退や遅刻でも出席になるんだってね。
今日は休んでしまったのだけど、担任の先生と久し振りに電話でお話して、出席が増えてすごいですねと言って頂いた。

今朝はいつも通り7時に起きて朝食も食べ、一応着替え、行く支度はしていた。
でも明らかに体調が悪い。
わたしの出勤時間が迫る中、遅刻するなら学校に電話をしなければならないのでどうするか聞いてみる。
うつむいて、ツラそう。
何時に行くか聞いてもはっきりしないので、わたしの方から「じゃあ午後からにする?」と聞いて、そうすることにした。
電話をすると、算数を教えていただいてる先生だった。
最近教室にも来れるようになりましたね~!と誉めて頂いた。

午後から行くのかと思ったけど、お昼に連絡したらまだ頭が痛いって。
今日は頭痛と怠さが激しい日みたい。
気圧が確かに下降気味。
このせいなのか。
結局、行かれない体調のようでまた学校に電話。
朝の先生がたまたま出て、回復しなかったのでお休みすることを伝える。

夕方は担任の先生から電話があった。
教室で緊張しているようだとのこと。
きっとそれもあると思うけど、体調が良くないからだとも思う。
今月の席替えで、一番後ろになったみたいで、安心すると言ってた。
そのことを担任にも伝えてみる。
何かフォロー出来ることがあればとおっしゃってくれたので、後ろの席なら緊張しないみたいだと言ってみた。
いつも席はくじ引きで決めるので、娘だけ優先的に後ろだと申し訳ないので、別にいいですと付け加えたけどそれは大丈夫ですとおっしゃってくれた。
もしかしたら席替えの度に後ろの席にしてくれるのかも??
保健室登校→教室登校になれたら更に前進だけどね。
わたしも先生もそれを狙っているのもある。

今日はわたしが帰宅した夜もずっとずっと体調が良くなくて表情も暗め。
いつも歌うボカロも歌わなかった。
お風呂も入れないくらいだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください