【使い捨てコンタクトレンズ】外す前に目薬するのは常識?!

使い捨てコンタクトレンズって便利ですよね。
特にワンデーなら、一日使い終わったら外してポイっと捨てればOK👌です。

その気軽さに甘えて、何も考えずに外していました。

しかしある時、外した時に痛みを感じます。
その後外している間もずーっと痛みがあるんです。
イヤな予感がして眼科へ行くと角膜に傷がついているとのこと。

眼科医から「もしかして外す時、いきなりべりッと外していませんか?」と聞かれました。
はい、いきなりべりッと外しています。

これはとても良くないことだったみたいです。
一日中パソコンやスマホで目を酷使しまくって、カラカラに乾燥した瞳(コンタクト)。
コンタクトに覆われているから気付かないだけで、本当はとっても乾燥していたんですね。

角膜の傷を治すと共に、乾燥した目のためにも「ヒアレイン」が処方されました。
これからはコンタクトレンズを外す前にはしっかり潤わせてから取るように、とのこと。

※ヒアレイン、待望の市販が出ましたね。

 ヒアレインS

今までたまたま何もなかっただっただけで、本当はとても目を傷つけることをしていたみたいです。
こんなの常識だったのかも知れませんが、知りませんでした。

ハードコンタクトレンズの方は、また違うのかも知れません(ハード歴〇十年)。
ハードと同じと思ってはいけないのですね。

皆さまも、使い捨てコンタクトを外す際はご注意下さい。

お読みいただきまして、ありがとうございます(__)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください