足裏の指の付け根が痛くて、歩くのが苦痛だった件

こんにちは。足裏の痛み、このようなことで悩んでいませんか?

歩く時に痛みを感じる

足の裏の指の付け根が痛い

痛い時と痛くない時がある

わたしはこのような症状に悩んでいて、歩く時に時折感じる痛みを我慢していました。
痛みに気が付いたのは、毎日通勤で往復30分ほど歩くようになってから。
痛みが出る時と出ない時があり、普段家の中や会社の中で歩く時などの少しの移動時には気にならないんです。

原因を考えてみても、特にヒールのある靴は普段履いてはいません。
いつも足に負担の少ない靴を履いていることが多いのですが、どのような靴を履いていても歩くときだけ右足の裏、中指の付け根が痛いんです。
その部分が、地面に着いた時に痛みを感じます。
わたしの場合は左足には痛みが出ないので、痛みが出ると右足をかばって歩いている状態。

今回は、歩き方を変えたらこの痛みが軽減したので、体験談として書いていこうと思います。

整形外科に行く

痛みが気になるので、整形外科に行きました。
レントゲンを撮りましたが何も異常は見付かりません。
先生からは、靴にインソールなどを入れると少し良くなるとのお話でした。
詳しいことはわからず、なぜ足が痛いのか不明のまま解決に至らず。

整骨院に行く

整形外科へ行ってから1年後、背中の痛みや腰痛で整骨院へ行きました。
足裏の痛みのことは、整骨院では関係ないかと思い特に話していませんでした。
でも施術を受けている時、体全体を見てもらっているタイミングでふと思い出し、先生に聞いてみたんです。

すると歩くときの重心が、わたしの場合外側にかかっているようでした。筋肉も外側が固くなっているようです。
足のアーチも崩れていて、偏平足気味。かなりの外反母趾。
歩くときに、重心を内側にかけて歩くようアドバイスをもらいました。

歩いても痛くなくなる

すると、足の内側に重心をかけるように意識して歩いただけで、あの痛みが全く感じられません!

今までの歩き方と全然違うので、普段使っていない筋肉を使っている感覚。
これだけで痛くないんです。インソールも使用していません。

「重心の掛け方ってこんなに大事だったんだ」、とその日からわたしの歩き方は180度変わりました。
痛みを感じないので、歩くスピードもグンとアップ。しっかり「歩いている」というのを意識して歩けるようになりました。

すぐに治るものではないのなら、とにかく痛くなければいいです。
わたしの場合は重心が外側にかからないようにすれば良いだけか~っと、痛みから解放される方法がわかって安心しました。

まとめ

自分自身の体のことで気になることがある場合は、その専門家に見てもらうのが解決する近道ですね。

普段の姿勢や歩き方は、自分ではなかなか気付きませんでした。
少しの痛みでも、日常生活を健康に送るためには取り除きたいものです。
重心の掛け方が偏っていたなんて思ってもみませんでした。
もしも同じような足の痛みでお悩みの方がいましたら、一度整骨院などで体のバランスを見てもらうのもおすすめです。

お読みいただきまして、ありがとうございます<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、gomaco(ゴマコ)です。 ただいま40代。 最近死なない程度の病気やケガをすることが多くなりました。そのお陰でそれ関係の体験談が多くなっていきそうです(;´・ω・) 普段は営業事務の仕事をしています。 プロフィール画像は小学生の娘が描いてくれました。猫は飼っていません。セキセイインコを飼っています。 よろしくお願いします。